フォーサイト行政書士対策講座の口コミと評価

行政書士の試験勉強のための通信教育講座を開講するフォーサイトでは、口コミとして「簡単すぎるのではないか。」という声が聞かれる。受講者の口コミとして「簡単すぎる」という声は、テキストや問題集が簡単すぎて、「実際の試験問題との乖離があるのではないか」という不安があるのであろう。

どの教材、度の勉強方法を選んだとしても、自分の勉強していることが、試験に直結しているのかという不安は付きまとう。「簡単すぎる。」という口コミは、このような不安を表していると思われる。しかし、よく考えると、テキストや問題集が簡単であるということは、ある程度勉強が進んで行政書士の試験の内容が分かっているからこその口コミであり、初学者にとっては、わかりやすい教材として高評価を得ていると考えられる。

行政書士の試験は、マークシートの択一式が大半を占める。そして、出題されている内容は、裁判例の知識であったり、法律・条文の記述やシステムなど、法律を勉強する者にとって基礎的なものしか問われていない。つまり法律学としての奥の深い学説の対立などは要求されていない。研究者のような狭く深くという学習は必要なく、浅く広く法律の仕組みを知っているか、理解しているかを問われているのである。

「簡単すぎる」という口コミは、ある意味で行政書士試験対策としては正しく、深追いしない勉強法、試験に必要な知識だけを理解すれば合格できるという効率のよい学習教材の提供ができているのではないかと考えられる。仮に簡単すぎるのであれば、テキストや問題集を完全に近い形まで理解して模試などに挑戦してみればいい。基礎知識、簡単なことをいかに理解していないかが分かるだろう。そして、もう一度簡単なテキストから復讐することで合格は近付くだろう。